予言

この道の角を曲がって壁沿いに歩いていると昨日見た車が同じ場所に止まっていた。

 

一昨日も同じ場所に止まっていたし、きっと明日もそうだろう。これから、5分もすればあの信号を渡ってきっといつもと同じ自動販売機の前を通る。

 

30分もすれば、家についてお風呂に入っているに違いない。

昨日もそうだったし、一昨日もそうだったから今日だって同じだろう。昨日も同じ車を見て気がついた。

そのあと気付いたのはお風呂に入っている時。トイレに入っている時。朝、起きた時。1人でいる時気がついてしまう。

 

気がついた時に私は未来が予言出来てしまうのだ。今の所、外れたことはない。

次はいつ気付いてしまうのか。

一体いつ外れるのか。

まる

ジェンダーレス

性別を気にしない考え方が浸透しつつある

 

性別を気にしない

これが浸透したら

年齢を気にしない考え方が生まれるだろう

 

そしたら、国籍、学歴、見た目、時間。

色んなものに捉われない生き方が世界で広まる。

 

そして、世界はまんまるに平にひとつの円盤になる。

 

 

青春

もし私が神ならば

私は青春を人生の終わりにおいただろう

 

フランスの詩人

アナトール・フランスさんのお言葉…

 

けれどもし、私が神ならば

私は青春を人生の最初と真ん中に2回設けます

 

大人はみんな青春は素晴らしいと

青春時代に戻りたいと言います

 

ならば、2回青春を入れてみたらどうだろう?

もう一度机を並べ授業を受ける

そこから卒業して

仕事をしている人は

転職してもいいし、しなくてもいい

どちらでも経歴に傷はつかない

公立はお金がかからない

義務教育ではないので参加不参加は自由

 

 

夢みたいなお話だけど

こんな世界があったらちょっぴり楽しいね。

 

さすがにここまで壮大には無理かもだけど

学校のような

大人の塾があったら人気でるかな?